お得なカード付帯の保険で安心の海外旅行を

海外旅行に出かける際に必ず加入しておきたいのが海外旅行保険です。日本にいると医療費などあまり意識をすることがないかもしれませんが、一度国外に出てしまってから海外の医療を受けることになると驚くような金額が請求されるケースが少なくありません。少し体調を崩しただけで病院に行ったケースでももちろんのこと、ケガや現地で大きな病気にかかってしまい入院するという事態になるととても高額な医療費を請求される可能性があります。せっかくの海外旅行であまりにも高額な医療費の請求が発生してしまうと楽しい旅行も台無しになってしまいます。そのような事態を避けるためにも、海外へ渡航する際は旅行保険が適用されるように準備しておくと安心です。万が一加入し忘れてしまった場合にはカード付帯のサービスが使える可能性があります。

クレジットカードに付帯している旅行保険を使う

以前は年会費が発生するような会員向けのサービスというイメージが一般的でしたが、最近では年会費を支払っていない会員向けのサービスとしても付帯していることが多くありますので、海外へ渡航する前にはご自身がお使いになっているクレジットカードの会員向けサービスがどうなっているか一度確認するようにしましょう。特に無料会員向けのサービスでは、旅行の代金をお持ちのクレジットカードで支払っていないと保険が適用されない場合があるなど、各会社によって適用が異なってきますので、よく調べておくことをおすすめします。もしもサービスが適用されるようであれば、付帯するサービスを利用すれば安心して海外での滞在を楽しむことが出来るでしょう。万が一病気が発生した際の請求の方法も調べておきましょう。

現地での医療費は建て替えになるケースもある

実際に病院に行く必要が出て来てしまった場合には、現地での医療費は多くのケースで建て替えになる場合が多いので支払いの必要が出てくる可能性があることを知っておくようにしましょう。また、病院できちんと診断書など公的な証明書を発行してもらっておかないと後ほど支払った医療費の請求が出来なくなってしまう可能性もありますので、しっかりとかかった医療機関で診断書や領収書の発行をお願いするようにしましょう。言葉が上手く伝わらない場合は不安になる場合もあるでしょう。そのような場合でも会員が不安にならないように多くの会社ではサポートデスクを提供しています。渡航前に万が一の場合のサポートデスク有無や電話番号を確認して置くようにしましょう。安心して滞在する為には必要です。