迷ったら見るべきカード付帯の海外旅行保険選びのバイブル

海外旅行では、国内旅行と異なりトラブルに巻き込まれたさいには多額の出費を強いられる可能性がありますし言葉の通じない国では簡単に済ませられることも時間がかかってしまう場合があります。このため海外に出かけるさいには保険を掛けて、もしもの時に備える必要があります。新たに掛ける方法もありますが、クレジットカードを所有しているのであれば、それらに付帯しているものを利用するというのも手段です。特にメリットは新たな契約を結ぶ必要がなく、また料金の引落しも自動で行われるので短時間で手続きを済ますことができます。一方でデメリットとしてはその補償内容が場合によっては不十分なケースがあります。このため補償内容を確認した上で、新たに追加するかを考慮する必要があります。

補償内容の種類とその範囲について

海外旅行における保険の補償内容としては、病気・怪我の補償、他人に対する補償、持ち物の補償などがあります。特に海外でネックになるのが病気や怪我です。日本では健康保険制度があるため医療費は抑えることができますが、海外で治療を受けた場合には全額負担となり、多額の医療費が必要になります。特に重症の場合には現地での長期間の入院が必要で膨大になるためこの補償は重要ですし、現地で死亡してしまった場合には家族が引き取りに行く必要があり、その費用を補償してくれるところもあります。また何らかの理由で他人に怪我をさせてしまったり、他人の荷物などを破損し賠償責任が発生した場合なども多額になりがちです。このほか盗難被害を補償してくれるものもありますし、また航空機が遅れたことによって宿泊費や食事代が新たに発生した場合などの補償も行われる場合があります。

メリットとデメリットを理解して選ぶ

海外旅行保険はクレジットカードの付帯サービスでは、基本的には最小限のものとなっています。特に最大補償額が多く書かれていても実際には細かくケースが分類されているため、最大補償額が出るかどうかはその契約内容によって定められています。このためその補償内容を理解していなければ補償が足りずに自腹で支払わなければならないといったケースも存在します。特にトラブルになりやすいクレジットカードの付帯サービスでは一般カードに多く見られます。ゴールドなどワンランク上のものは年会費が高額といったこともあって付帯サービスも充実しており、満足度の高いものですが一般向けはおまけ程度のものも多くあります。もちろん一般向けで補償が十分なものもありますが、いずれにしても補償をあてにするのであればその内容を今一度確認することが大事です。